婚活のパーティーなどで自身の性格を表すとき、「優しい」という言葉でアピールするのは一般的。とはいえ、それだけだとあまりにも自己アピールにはなっていないため、婚活、という場面では、周りに埋もれてしまう場合もあるので、印象に残る最高の回答とは言えないでしょう。婚活の場では、相手に少しでも自分を知ってもらうことが大切です。婚活に活かすためには、どのような言葉で表するのが良いのでしょう?例としては、「包容力がある」ではなく「相手の主張にもきちんと耳を傾ける」という、細かい表現に置き換えてみましょう。こうしていくと、同じ心の持ち方をアピールするのでも「誠実さを感じられて、好印象だ」と判断されるので、周囲のライバルよりも魅力ある人として、注目されるはずです。

占い|前に、婚活が目的のパーティーに参加した際、知り合った男性がいました。

前に、婚活が目的のパーティーでとある男性と出会いました。しかし、その男性は、仕事について嘘をついていました。その男性のプロフ欄では、医師をしていて年収は1,000万円を越えると書いていたのですが、それは全くの嘘だったのです。当然、その嘘について私も含め、知っている人はいません。だから、そのパーティーに来ていた結婚する相手の収入に関心がある女性からは、とても注目されていました。その後、運良く(その時点ではまだ真実を知りません)私がその男性と気が合い、無事にカップルになりましたが、毎回仕事の話になると、なんだか相手が話題そらしをしようと必死でした。私も「これはヘンだぞ」と思い始め、「知り合いがあなたの病院で勤務しているんだけど、その人、あなたを知らないんだけど?」と迫ったところ(カマをかけてみたのですが)、医師なんかではなく本当はフリーターだったと観念し、白状しました。当然ながら、嘘をつかれて呆れてしまったので、それ以降あっていません

もしもあなたが、婚活が目的のアプリを使用する際は、注意したほうがよいことがあります。

婚活を目的としたアプリを使用して異性との出会いを求めるときは、注意しないといけないことがあります。インターネットを通じた出会いの場合、プロフィール画像やメッセージなどではとても好印象でも、実際に出会うと、想像していたのと違ってガックリする・・・といった状況に遭遇する可能性があります。というわけで、会ってみてガックリしないためにも、出会う前に、プロフィール欄でアップされている写真が自撮りのものは警戒しておくべきです。自撮り写真は、奇跡の一枚を使っている、といった可能性もあるし、また、画像編集ソフトで修正しているだけかもしれません。それに加えて、顔の一部がマスクや手で隠れていたり、横顔でごまかしているものも判別しづらいので要注意です。

結婚活動をする前から、婚活をしていくつもりなら、少なくとも何…

婚活に本腰を入れる前から、結婚活動(婚活)するには少なくともいくつかの注意しなければいけない点があると感じていました。また、見境なく行動するのも失敗を招きかねないのでダメだと感じていました。何も知らずに行動してから後悔するよりも前もって準備しておいた方が良いはずです。その中でも特に意識して欲しいのは「興味ある人に対して、疑うことを忘れない」という教訓です。疑う、となると聞こえは悪いかもしれませんが、現代の婚活事情においてはとても大切なことです。急速に普及している、ネット上のマッチングサービスを利用する際に疑うクセをつけておかないと何かしらの落とし穴にはまる可能性があります。私は、これを徹底していましたから、相手のプロフィールなどを見て違和感を感じたら、連絡することをやめました。現実、だまされた方も少なからずいるようです。「魅力ある異性に対し、疑う勇気を持つ」ということを意識していたことで助かっています。疑う習慣をつけることで、結婚活動トラブルを回避していると感じます。

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です